テニスラケット(硬式)の基本的な選び方~

スポーツ

初心者にとってラケットを選ぶのは難しいですよね。初めてラケットを買うときはもちろん、何本目でも悩んでしまいますが、ポイントを押さえておけばぐっと探しやすくなります。

 

 

面の大きさ

ラケットの面の大きさは「フェース」と呼ばれており、プレー中、主にボールが当たる部分です。

 カタログなどでは「平方インチ」という単位で表示されています。数値が大きいほど面が大きくてボールを楽に飛ばすことができます。

一般的に面の大きさは90~120平方インチになります。

初心者にとって、面が大きい方がボールを当てれる面積が増えるということで、ボールを打つ感覚を手に入れれることができます。

ただ、面が大きいからと言って、試合が有利になるということではありません。

  

   面が小さい・大きいの特徴

 

フェース面積が小さいボールは飛びにくいのが一つの短所です。

しかし、面が小さい分ラケットの操作性が上がります。特にプロネーション(腕の回内動作)や素早いラケット捌きが重要なサーブ・ボレーは打ちやすくなります。

サーブ&ボレーのプレイスタイルの方におすすめです。

 

フェース面積が大きい:面が大きくなるのでラケットの操作性が落ちるのが短所です。

しかし、スイートエリア(芯)が広くガットのたわみも大きいので、飛ばしやすくスピンもかけやすくなります。

後衛でのストロークが得意な方にはおススメ!

 

 

 重さ

重いボールにパワー・スピンが乗せやすいのでショットの威力が上がります。そのため、相手のボールに打ち負けにくくなりますが、素早く安定したラケット捌きには筋力が必要になります。

 

軽いスイングに力が必要ないので操作性・フットワークが上がります。特に女性プレイヤーはラケットは軽い傾向なあります

しかし、相手のボールのパワーに押されやすく、ボールが飛ぶにくくなってしまいます。

 

男性は280~310g前後とよくいわれますが、体格やプレースタイルなどによって個人差があります。

 

負担にならない程度にラケットの重みを感じながらスイングできるくらいがちょうどいいと思います。

体に合っていないラケットを選んでしまったら、肘や手首のケガに繋がってしまうので注意が必要です。

 

 

スイングウェイト(重心)

スイングウェイトは簡単にいうと、

ラケットを振ったときに感じる重さを数値化したものです

また大きく分けて3つのパターンがあります。

それが、トップヘビー、イーブンバランス、トップライトです。

トップヘビーが一番持ち手から遠く、トップライトが一番持ち手に近い位置に重心をおいています。

それでは、スイングウェイトの特徴を説明します。

 

  • スイングウェイトが大きいラケットは打球時に面が安定する。
  • スイングウェイトが大きいラケットは腕に負担がかかる。
  • スイングウェイトが小さいラケットは操作性がよい
  • スイングウェイトが小さいラケットは相手の強いボールに打ち負けやすい
  • スイングウェイトは大きすぎても小さすぎても良くない。

上記でいう、スイングウェイトが大きいのがトップヘビー

      スイングウェイトが小さいのがトップライトになります。

トップヘビー:ラケットの先端よりに重心があり、遠心力が大きいためボールにパワーを乗せやすいのが特徴。ストロークとの相性はいいのですが、操作性がやや劣る。

 

トップライト:持ち手近くに重心があり、操作性のよさやスピンのかけやすさが持ち味。素早くラケットをセットできるので、特にボレーが打ちやすいと思います。

 

イーブンバランスはラケットの真ん中付近に重心があるので、トップヘビー、トップライトに比べて、くせが無いのが特徴です。

 

 

フレームの厚さ

ラケットの面を真横から見た時の厚みがフレームの厚さです。

一般的には17~30mmのものが市販されています。

フレームの厚さは、面の大きさと同じ特徴であると覚えておきましょう!

フレーム(厚い):弾きがよくなるので楽に飛びます。

フレーム(薄い):よくしなり、ボールとストリングの接地時間が長くなるのでコントロール性は高くなります。

 

 

 

グリップサイズ

グリップサイズはグリップ(ラケットの握る部分)の太さの区分のことで、通常は1~4の4サイズで表示されています。

 

太さの目安としては、グリップを握って親指の付け根と親指以外の指先の間に指1本入るくらいといわれています。

 

グリップの太さの調整には、グリップテープで調整しよう。

グリップテープを巻いた場合、1サイズ上がると思っていてください。

グリップの太さは手になじんだ数値のものを選ぶといいです。

 

 

最後に…  

テニスラケットの選び方を紹介していきました。

以外にも、選ぶポイントが多くわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、初心者にお勧めするのが軽量・トップヘビー・フェイス面積は広め・フレーム厚めではないかと思います。

なにより、テニスを楽しむためにボールを飛ばすことを考えた内容になっています。

ただし、これが正解ではありませんのでスクールに通っている方はコーチにアドバイスを求めるのもいいかもしれません。

ではでは、お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました